鉄輪温泉 みどり湯

賑やかな鉄輪温泉のエリアとは思えないほど静寂に包まれている。国道500号の北と南では町の空気が異なるのだ。
木造の浴舎は2016年4月の地震の影響を受けていないようだ。地元の方々専用の浴場だが、別府温泉まつりで一般開放された。




扉を開けると脱衣と浴場が一体化し、素朴な無垢板で仕上げられたやや暗い木の空間が現れる。極めて合理的な浴室だ。コンクリートで築かれた浴槽には透明の湯が満たされている。手にすくい湯を鼻に近づけると石膏のような臭いと僅かに塩素臭がする。口に含むと塩味に気付く。肌を刺激するようなことはなく素直な浴感だ。




温泉まつりのぼんぼりはなく温泉まつり一般開放の貼り紙もない。一旦躊躇したが、扉を開いた。共同浴場らしい風情が大切に守られている。一般開放に感謝。


鉄輪温泉 みどり湯
別府市北中4組
泉質不明
泉温不明
シャンプー類なし ドライヤーなし
内湯
ジモ専(組合員以外入浴不可)
2017/4/1