鉄輪温泉 大師温泉

いでゆ坂の東の端、温泉宿みゆき屋が角に立つ交差点をさらに東へ下ると湾曲した場所に鉄輪東公民館が建つ。温泉まつりのぼんぼりが下げられている。組合員専用の温泉であり組合員以外は入れない。別府温泉まつりで日時を限定し一般に無料開放された。




11時から始まった一般開放、次々に人がやってくる。そして、1分もしないうちに上がっていく。激熱なのだ。
通路を下ると靴箱がある。隣には木製の脱衣棚が置かれている。脱衣所と浴室は一体化している。振り向くとコンクリート製の浴槽が壁に沿い鎮座する。
湯溜め枡の木栓を抜いて湯を供給する方法ではなく、枡から延びた鉄管から湯が注がれている。加水されているが激熱だ。かかり湯のみで諦める人もいる。




見た目は透明だ。口に含むと塩味がする。無心に臭いを求めると石膏のような臭いがする。浴槽の内部には段が設けられており、滑らないような工夫が施されている。洗い場はあるが水のみが出る。

観光客でにぎわう鉄輪温泉のすぐ傍に位置するため。人が途切れることはなかった。駐車場は2台分あるが、運がよくなければならない。


鉄輪温泉 大師湯(大師温泉)
別府市鉄輪東4組2
泉質不明
泉温不明
シャンプー類なし ドライヤーなし
内湯
ジモ専(組合員以外入浴不可)
2017/4/1